• ホーム
  • 快適な生活は快適な間取りから!注文住宅を建てる際の上手な間取りの決め方

快適な生活は快適な間取りから!注文住宅を建てる際の上手な間取りの決め方

2019年10月28日
部屋を紹介している不動産スタッフ

間取りについて決める時には、収納スペースのことや自室をいくつ準備するのかということ、家事動線をどうするのかということ、水回りをどうするのかということなど考慮に入れることはとても多いです。間取りを決めるとはいっても、家族の希望をなるべく反映させなければ暮らしてみて困ることにもなりかねません。快適な生活を求めるために、どのような形で間取りを考えるのかはとても重要なポイントになります。何を重視するのかということが間取りの決め方にも影響を与えるということです。

水回りのことを考慮するならば、排水音のことを気にする必要があります。トイレなどの排水音が響いてしまうと、音が気になって仕方がない状態になるでしょう。水回りのことを気にするならば、一ヶ所に集めるという考え方もあります。一ヶ所に集めることによって配管設備を集中させることに繋がりますし、導入コストやメンテナンスコストを抑えることが可能です。1階と2階にどうしても配管設備を置かなければいけない場合は、上下で同じ側に置くということが求められます。

家事動線と水回りは密接に関係し合いますので、家事をする上でも使い勝手が良い方がいいのは間違いありません。家事を行う上で料理や洗濯、掃除、育児などで家事動線を考えるということは欠かせないことです。家事動線を考える時に、どのような動きで行うのかということを考えてから間取りを決めていきます。いざ家事をやる時に使い勝手が悪いということにもならないためにも、どういう動きをするのかを想像しながら決めるということです。

風通しのいい家にするためには窓の配置について考えることが欠かせません。風通しのいい部屋は空調費の節約にもつながりますので、窓の配置にも十分に配慮するべきです。窓の配置は風通しだけでなく採光にもつながります。最適な場所に配置することで、家の快適度が全然違ってきます。

間取りを考える時に収納スペースのことも気にしておいたほうがよいでしょう。どのくらい荷物があるのかによって、収納スペースをどのくらいの広さにするのかを決めていきます。荷物は年々多くなる傾向にありますので、プラスアルファのことも考慮していくべきです。

自室をどのくらいの数にするのかは、子供の人数にも大きくかかわってきます。部屋の数が多すぎると、一部屋が狭くなるだけですので、適切な数を決めるということも重要です。空いたところは収納スペースにするという考え方もあります。それぞれの自室で何をするのかということは、家族で何を重視するのかということから決めるべきです。

関連記事
低金利で住宅ローンを借り入れしたい人へおすすめの銀行とは

住宅ローンを借りるという場合には何よりも借り入れ負担を減らすということが重要になってきます。借り入れ負担というのは、金融機関でどのくらい借りるのかということです。多くの額を借りるということになると、返済額がそれだけ大きくなるということですので、それでは返済に苦しむことになりかねません。金利の選び方も...

2019年10月12日
家を買うお金はどうする?住宅ローンの種類を知ろう

新築住宅を購入するという場合には、大抵の場合住宅ローンを利用することが多いです。住宅ローンの種類として、民間銀行の住宅ローンとフラット35の大きく分けて2種類があります。民間銀行の住宅ローンは金融機関によって融資条件や金利タイプが異なってきます。民間銀行ごとに全然違いますので、銀行選びというだけでな...

2019年09月27日
失敗しない選び方ができる!ハウスメーカーを賢く比較する方法

新築においてハウスメーカーに依頼して建てるということであれば、しっかりと他のハウスメーカーと比較する必要が出てきます。選び方を間違えてしまうと欠陥住宅を生むことにもなりますので、特に注意したいところです。いざ依頼するということであれば、しっかりと比較ポイントを把握した上で選び取るということが重要です...

2019年09月14日