• ホーム
  • 低金利で住宅ローンを借り入れしたい人へおすすめの銀行とは

低金利で住宅ローンを借り入れしたい人へおすすめの銀行とは

2019年10月12日
男性に鍵を出す人

住宅ローンを借りるという場合には何よりも借り入れ負担を減らすということが重要になってきます。借り入れ負担というのは、金融機関でどのくらい借りるのかということです。多くの額を借りるということになると、返済額がそれだけ大きくなるということですので、それでは返済に苦しむことになりかねません。金利の選び方も重要になりますので、変動金利か固定金利期間選択型、全期間固定金利のどれを選ぶのかということも重要なポイントです。

返済している時でもきちんと生活をしていかないといけませんので、返済の苦しさを少しでも軽減するためにも、ある程度の頭金を考えると共に、無理のない物件価格にするということを気を付けてください。頭金が0円というのも考えものですので、ある程度の頭金を拠出するということを考えましょう。住宅ローンが借りることができるからと言って、物件価格が収入レベルに比べて高いのでは返済に苦しむことになりますので、収入の上でも無理のない物件価格のものを購入するべきです。

低金利で住宅ローンを借りる場合におすすめの銀行としてみずほ銀行があります。みずほ銀行の場合は、変動金利から固定金利期間選択型、25年もしくは35年の全期間固定金利まで用意しています。みずほ銀行であれば全国に店舗がありますので、対面での相談をすることが可能です。商品のラインアップが豊富にありますので、自分たちのニーズに合わせた選び方をすることができます。店頭での契約だけでなく、ネットを通じた契約も行うことができますので、忙しい人でも申込が容易にできるようになっています。

ネット銀行の中では金利が安いということで有名なのが住信SBIネット銀行です。特に変動金利や固定期間が短い一定期間固定金利では当初金利が安くなる傾向にありますので、金利上昇のリスクを取ることができるのであれば、申し込むのも一つの手です。住信SBIネット銀行では保険料0円で全疾病保証特約に加入できるので、万が一のことを考えるとおすすめになります。女性の場合はさらにガン診断給付金特約にも加入できます。

ネット銀行の中で特徴があるのがソニー銀行です。ソニー銀行の場合は、変動金利が安くなる変動セレクト住宅ローンと固定金利選択型の金利が安くなる固定セレクト住宅ローン、取扱手数料が一律で安い住宅ローンの3種類がありますので、返済額が大きくなることが無いように適切な選び方を選択してください。シンプルで選びやすいという特徴を持ちますので、自分たちのライフプランに合ったものを選ぶことができればお得になります。

関連記事
快適な生活は快適な間取りから!注文住宅を建てる際の上手な間取りの決め方

間取りについて決める時には、収納スペースのことや自室をいくつ準備するのかということ、家事動線をどうするのかということ、水回りをどうするのかということなど考慮に入れることはとても多いです。間取りを決めるとはいっても、家族の希望をなるべく反映させなければ暮らしてみて困ることにもなりかねません。快適な生活...

2019年10月28日
光熱費を抑えた家を建てるなら知っておこう!ZEHのこと

最近注目を浴びているワードとしてZEH(ゼッチ)と呼ばれるものがあります。これは省エネ住宅のことを言い、省エネによって光熱費を下げるということだけでなく、太陽光発電のような創エネも図ることを目的としています。ZEHとして認められれば補助金がもらえるわけですので、多少建築費がかかったとしても、こういう...

2019年12月02日
後回しにしないで!新築の庭づくりで失敗しないためのポイント

新築においては住居をどうするのかということについては十分に考えるとは思いますが、庭のことについては蔑ろにしがちなところがあります。出来ることであれば、庭も家の一部ということだと認識した上で、家族全体でどのような庭にするのかを考えた方がいいです。考える観点として、地面の種類をどうするのかということがあ...

2019年11月15日
家を買うお金はどうする?住宅ローンの種類を知ろう

新築住宅を購入するという場合には、大抵の場合住宅ローンを利用することが多いです。住宅ローンの種類として、民間銀行の住宅ローンとフラット35の大きく分けて2種類があります。民間銀行の住宅ローンは金融機関によって融資条件や金利タイプが異なってきます。民間銀行ごとに全然違いますので、銀行選びというだけでな...

2019年09月27日
失敗しない選び方ができる!ハウスメーカーを賢く比較する方法

新築においてハウスメーカーに依頼して建てるということであれば、しっかりと他のハウスメーカーと比較する必要が出てきます。選び方を間違えてしまうと欠陥住宅を生むことにもなりますので、特に注意したいところです。いざ依頼するということであれば、しっかりと比較ポイントを把握した上で選び取るということが重要です...

2019年09月14日